散骨

バリ島で体験タンデムをされ、すっかり空に魅了されたK林さん。帰国後直ぐ「ライセンス取りたいけどスクール紹介して」とメールありました。

それ以降パラに夢中!毎週末スクールに通い、ライセンス取得後はバリ島ソロフライトを楽しまれていました。

奥さまからメールが届いたのは今年2月中旬。

K林さんが1月末に病気で突然死されたと・・・

葬儀屋さんのはからいで祭壇には富士山背景にパラグライダーを入れてくれたそう。
画像


そんなメールのやりとりしていて、ハッと思い付き「ご主人の遺骨を愛されていたバリのエリアに散骨されません?」

まだ49日も済まされていないのに、突然の思い付きに「前向きに考えてみます」と。

それから2ヶ月後メールで「散骨に行くため5月のチケット取りました」

風の情報を検索し日程は5月19日と決めました。

初めはぷ~たがする予定でしたが、奥さまから直接された方が喜ばれると考え、クトゥにタンデムしてもらいぷ~たは追走し、記録を撮ることに。

観光客の賑わう時間を外し、タンデムスタートは午後3:30。

無事とどこおりなく済みました。

ぷ~たの記録も失敗なく残り一安心。

奥さまの了解も得たので公開します。

画像


画像


画像


動画は下記YouTubeにて。
https://youtu.be/_Hm0Z6m5KeI


PS.バリのティンビスで散骨されたのは過去2回ありました。

この記事へのコメント

gattchan
2017年05月27日 19:31
よい風で飛べて良かったですね。

私も、仲里センセが行きたがってたバリの空に、カヨ姉から預かったセンセの遺髪を飛ばしたの思い出しています~🍀
ぷ~た
2017年06月15日 19:45
がっちゃん、あの時のこと鮮明に覚えています。フライヤーにとって空と一体になるって最高のことですね!