日本の免許は?

バリに戻ってからまた雨の降らない暑い日が続いているサヌールです。

気温的には26℃~31℃なので、通年と同じなんですが雨季独特のまとわりつくような暑さはたまりません。

まだ、日本で閉じている毛穴が満開にならないと辛いです。

今回は運転免許のお話し。



インドネシアは大まかに自動車・バイク・大型車みたいなくくりで、日本のように事細かく分けられていません。

日本滞在時にインドネシアで取ったバイクの免許を日本でも取りたいと思い、免許センターの一発試験(飛び込み試験)に行き、3回落ちて4回目に合格しました。

落ちた理由は、バイク独特の試験コース 「一本橋」
画像


長さが15メートル、幅が30センチメートル、 高さが5センチメートルの平均台。

普通なら何てことのない障害物ですが、台から落ちると速攻不合格・・・

結構プレッシャーかかります。

1回目 1m進んで脱輪・・・情けない
2回目 14m進んで脱輪・・・あと1mなのに!
3回目 渡り切り、安堵したのか、その後逆行車線走りアウト・ω・

この一本橋は落とすがための罠です!

なんで?こんな道をバリに帰って普通に通ってます。
ラストの車脇の人を避けて走り抜けるシーン見てください。
これが一本橋のテストの意味らしい。

車と車の間をすり抜ける技を持ってるかのテストだそう。
しかし、なぜ30cm幅で5cm高くしなけりゃならないの?

なので「落とすがための罠です」と思った次第。

どうぞ、ご覧ください。
決して上手ではないですが、停まってる時以外は一切足は着いていません。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント