バリ島パラグライダー暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 今どきのバリ島の和食その2

<<   作成日時 : 2018/04/20 15:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

前回紹介したMika Yakitori Barに行った後またまた新情報ゲット。

デンパサール市内に和食屋さんが2軒ありました。

Warung Niwa

15年ほど前でしたが当時はまだ観光地すら和食屋が少なかった頃、デンパサールの西、もうクロボカンに近い場所にヒナコラーメンと言うお店がありました。

車でないと行けない場所なので在住者のたまり場みたいな雰囲気で、ラーメンと冷やし中華が美味しかった。

奥さんが日本人でご主人がバリ人のご夫婦の店で、たびたび日本食が恋しくなると通ったものてす。しかしいつの日かお店はなくなってました。

そのご夫婦の息子さんが日本の中華料理店で修行し、戻ってきて自宅の庭の一角で親子3人でワルンを開いたとのこと。

画像


なので屋号はWarung Niwa

オシャレなカフェのようなお店ですがメニューはどれもお安く、ビールも5本飲めば1本が2万ルピア(160円)になります。

画像


画像

ハンバーグ3万ルピア(240円)
画像

チーズコロッケ2万ルピア(160円)
写真撮るの忘れて、ネットからお借りしました。

お料理がかわいい系ですがビール5本10万ルピアという飲み助の味方でもあります。

Don Doko Don

デンパサール市内中央の六叉路シンパンエナムの丸亀製麺の通りを隔てて向かいの丼屋さん。

駐車場がなく、バイクでないと行くのは難しいかも。

画像


店には若い男性と女性の2人だけ。

メニューはランチョンマットになっています。

画像


シンプルイズベスト丼もの5種類のみ。

ぷ〜たの大好物の親子丼を迷わず注文。目がトローリ!の文字に釘付け(^^)

画像


卵の白身はトローリ!でしたが黄身は火が通ってました。しかし卵を生で食べるローカルも在住者もいないので、これは致し方ないでしょう。

お出汁もシッカリ、ご飯もシッカリ日本の味です。

メニューの値段から見て、明らかにローカルにターゲットを絞っている感じ。

こんな小さな店なのにビンタン小瓶も置いてます(よくライセンス取ったなあ)

美味しく頂いてお勘定したら親子丼12500ルピアに(100円)!

レジの女性に「間違ってない?」と聞いたら、今日は親子丼が割引きで半額だと!
画像


なんだか得をしたけど申し訳ない気分(^^;)


と新しいお店二軒紹介しましたが、どちらもツーリストは行けない場所なので、ローカル向けの和食屋さんであることは確か。

こんなお店がどんどん増えてエセ和食が日本食でないと思って欲しいと、応援したい気持ちでした。

親子丼は次回生卵を持って行き、黄身を落として食べようと作戦しています(^^)v

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今どきのバリ島の和食その2 バリ島パラグライダー暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる