バリ島パラグライダー暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS タイ・ミャンマー(10) バガン へーホー インレー湖

<<   作成日時 : 2018/03/10 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

きょうは、バガンからミャンマー国内線の飛行機に乗ってインレー湖近くにある、へーホー空港まで移動。

空港はさながら昔のバスターミナルといった風情。

画像


待合室にはゲート番号なんてありません。

そしてこんな小さな空港なのに、朝の出発は3便くらいが集中して出発。

電光掲示板もなければ、カタカタと回る旧式の搭乗案内板もなく、マイク使わないで担当航空会社の係員がモソモソと案内。

従ってぷ〜たは二回も間違って列に並び、顎で「座って待ってろお前のはまだ」といった感じで拒否られ…

日本式お客様は神様です!なんてマニュアルはなし。

三回目は間違えようもなくなり(待合室に搭乗待ちの乗客ゼロ)航空券をもぎってもらう。

モギルの昭和世代にとって、搭乗券に手貼り付けで座席指定も懐かしい。

画像


飛行機もプロペラ機

画像


何もかもが3-40年前にタイムスリップした感満載。

機内の荷物棚にぷ〜たのキャリーバッグ入れようとして頑張るもムリで、それを一部始終みていたCAに「とうするのコレ?」に「空いてる席の下に置けば」

え!?航空関連の規則では旅客機の荷物はシート下に入れるんじゃないの?入らなければ、預け荷物扱いになるのと違うの?

だのに、こんな形で収まりました。

画像


いいのかなあ、こんなんで。キチンと飛ぶのかな、こんなんで。

機内でスマホでチャットしてたら、いきなりテイクオフ。それでも電波飛んでいる。いいのかなあ?良くない!注意しなさいCAさん。

フライト時間は40分。

機内サービスは紙のおしぼりと、マドレーヌ一個、ブラコップに入った水。

配って回収きたら着陸体制。

これで運賃11000円。何度も言いますがバリ島ーバンコク往復+バンコクーチェンマイ往復+バンコクーマンダレー+ヤンゴンーバンコク全部足してエアアジアは34.160円!

ふ〜〜〜〜〜(久し振りに出たため息)

定刻に出て定刻に着いたので良しとしましょう。

へーホーからインレー湖畔の街ニャウンシェまでは峠越え小一時間かかり、空港リムジンもなく、タクシー利用のみで25000チャット。

あまり客引きの多くない出口で、値段交渉は諦めかけたらひとりの白人のおばさんが「あなたどこ行くの?私ニャウンシェだけど一緒に乗らない?」と神の声が♪

結局ひとり12500チャットになりました。おばさんが先に降り、その時「これ半分ね」と貰った紙幣を数えたら12.250チャットしか…

騙されたのではないけど、こんな簡単な計算出来ないの?(人に言えた義理ではないが)

宿舎はニャウンシェの外国人街にあり、ダウンタウンにも近い絶好のロケーション。

部屋もダブルベッドの個室で一泊朝食付きで2800円。日本じゃカプセルも泊まれない。

画像


きょうと、あすは部屋独り占め♪

昼過ぎに自転車借りて街中散策していて大好きな市場に。

遅かったのか、店じまいしている中アジアの雰囲気醸し出しています。

画像


そして床屋発見。

画像


アジア床屋ファンとしては入るっきゃない。

あまり短く切らないでください を

この翻訳ソフトで見事に通じましたビルマ語!

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.nict.voicetra

画像


お代は240円。仕上げは上々♪

カナリア頭のお兄さん、腕は確かだ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイ・ミャンマー(10) バガン へーホー インレー湖 バリ島パラグライダー暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる