バリ島パラグライダー暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS タイ カンボジア旅行 その11(ムエタイ)

<<   作成日時 : 2017/04/19 16:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

何回もバンコクには来たのに何故かムエタイは一度も見たことがない。まあ仕事だったからそんな時間もなかった。


子供の頃から格闘技系好きで当時大人気だったキックボクシングの沢村 忠のファンでもあった。

近年キックボクシングとムエタイの違いが分かるようになって、改めて生のムエタイを見たい欲求が。

調べてみると、バンコクではラジャダムナンスタジアムとルンビニスタジアムの2ヶ所でやっているらしい。

入場料は
1階リングサイド席2000バーツ(約6600円)
2階席 1500バーツ(約5000円)
3階席 1000バーツ(約3300円)

と結構高い(外国人向け?)のと場所が不便。

今週のバンコクイベントというサイト見てたら、ムエタイがタダで見られると!しかもチャンピオンクラスのレベル高い試合で!

それはテレビマッチなのでテレビ局のサービス(観客役)で見られる。

週1回日曜日のみのイベントで、午後12時半ころチャンネル7というテレビ局に行ったら誰でもタダらしい。これは行かねば!

BTSのチャトチャック駅から徒歩約15分でチャンネル7に着いたけど早過ぎたのとお昼まだなので、局舎まえの食堂で腹ごしらえ。

画像


お世辞にもきれいとは言えない店だけど、たくさんお客入ってるので美味しいに違いない。

座って隣の人が食べてるの指さして人差し1本指立てる。注文終わり♪

画像


横幅4-5cmの米の麺に魚のつみれと鶏ももゴロンと。

画像


野菜は好きなだけ取れ!スタイルで、苦瓜・もやし・バジル食べ放題(ベトナムはもっと多くの種類食べ放題だった)

麺のモチモチ感サイコー。出汁もコクがあって👍

あまりに美味しくゆっくり味わってたら、集合時間になってた。

慌てて会計して(スマホの電卓フル活用)局内に。ガードマンに指さされたところは集合場所?

画像


しばらくすると、外国人のグループとローカルのグループに分けられ局内のスタジアムに入場。

スタジオ兼スタジアムなので少し狭い?でも観客席から近くにリングが見えるので好都合。

外国人とローカルにグループ分けされたのそれぞれのテリトリーがあるから。外国人は正面ローカルは両横。その意味はあとになって分かった。

試合は全部で5試合。5回戦で引き分けはなし(あるのかな?)

テレビマッチなのでCMが終わると(場内にスクリーンに映ってる)MCが選手紹介。

これから例の踊りが始まる。音楽はやや控えめだったのは喪服期間のせい?

画像


セレモニーが終わり頭に付けていた御守りも外しゴング。

始まるや否やローカル席の観客は全員総立ちになり贔屓の選手を応援。



片や外国人グループは座っておとなしく観戦。そりゃローカル席に入ったら観戦どころじゃない。

何故そんなに熱のこもった声援するか?

お金が掛かってる・・・

休憩タイム時に胴元と思わしい人と観客とが手でやり取りし、試合終了後現金が飛び交ってる。

タイも賭博御法度です。なのに白昼堂々としかもテレビ中継中に(笑)

テレビカメラはクレーン1機と据え置き2台は向正面、移動型カメラ2台。なのでお金やり取りしするところは映さない(^o^)

正面は外国人グループ席。うん、うまく席割りしてる。

2試合目はKO。ずいぶん長い間敗者はのびてた。大丈夫かな?

最後の5試合目はチャンピオンベルト付けた選手出てきて、その選手はジャニーズ系みたいに女性ファン多く黄色い声が飛び交う。

タイで一番人気のあるスポーツなのはよく分かった。スタジオでこんなにやってるから、闇屋ではもっと盛大にやってるんだろうな賭け。


さてそろそろエピローグ?


その12につづく・・・


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイ カンボジア旅行 その11(ムエタイ) バリ島パラグライダー暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる